株式会社スディックスバイオテック
ニュースリリース 製品情報 会社案内 お問い合わせ HOME
あいさつ
会社概要
ごあいさつ
経営理念
経営戦略
事業と研究開発費
特許一覧
アライアンス
株主


 弊社は、2003年10月から2006年9月まで私がリーダーを勤めていました科学技術振興機構(JST)のプレベンチャー事業「シュガーチップの実用化」の成果を元として、 シュガーチップの技術を世の中に役立たせるために2006年9月に起業した大学発ベンチャーです。

 私たちの細胞の表面には糖鎖と呼ばれる多様性に富んだナノメータスケールの非常に小さい鎖状の糖が存在しています。 糖鎖は特定の蛋白質と、または糖鎖同志とが互いに作用し、細胞へ情報を伝達することで、免疫などの生体反応に関与しています。 また細胞の癌化やウイルス感染などにも関係することが分かってきたことから、ライフサイエンス分野における次世代ポストゲノム研究として、 糖鎖科学が注目されています。

 しかし、分子レベルの研究には必須である構造が明確である糖鎖の確保には多大な労力と費用が必要となり、 研究を進めることが出来ない事が多々あります。私たちは、この問題を解決して糖鎖科学研究を飛躍的に進めるために、 構造明確な糖鎖をナノメータースケールで金属(金)に固定化したバイオデバイス「シュガーチップ」および「糖鎖固定化金ナノ粒子」を開発しました。 弊社では、製薬・食品メーカーや公的研究機関等にこれらの製品を販売するとともに、これまでに培った相互作用の解析技術 およびデータベースを用いて、受託研究事業としても展開しております。

 また、会社創業直後から、かごしま産業育成センター(起業家応援プログラム)、兵庫県(ひょうごCOEプログラム)、JST(革新的ベンチャー活用事業)から 補助金を得ることが出来、さらなる開発研究を継続して行っております。その結果、ウイルスの濃縮や超高感度分析など新しい技術も生み出すことができてきました。

 弊社は、「経営戦略」に示すように「電力の無い環境での伝染病・風土病原の簡易検出」という公共財・社会貢献的なバリュープロポジションを基盤におきながら、 学術研究用・ヘルスケア市場向けの製品開発、あるいはパートナーにライセンスを提供しつつ「営利企業」として展開します。 そして、通常の「営利目的市場での成功→社会貢献市場へのボランティア展開」というのとは逆コースですが、世界に類を見ないユニークな企業となりたいと考えています。

copyright © 2006- SUDx-Biotec Corp. All rights reserved. 下線