Detection-kiyaku of VIRUSLABO

ウイルス検出サービスプロジェクトお申込(規約)

本規約を読んでからお申込フォームへ移行ください。monitor.png

モニター希望の方(以下「甲」といいます)は、株式会社スディックスバイオテック(以下「丙」または「乙」という)の提供するインフルエンザウイルス検出サービスのモニターに申し込むにあたり、以下の規約(以下「本規約」といいます)に同意します。




(定義)
本規約において、次の用語は次の意味を有します。

(1)
「SGNP」とは、市販または丙が所有する糖鎖を丙が有する技術で固定化した金のナノ粒子をいいます。

(2)
「濃縮」とは、SGNPがウイルスと結合するによって、ウイルスを選択的に沈降させ、唾などのサンプル中の希薄なウイルスを測定可能な濃度まで高めることをいいます。

(3)
「研究成果」とは、本プロジェクトの成果として得られる具体的データ、発明、考案、意匠(以下合わせて「発明等」といいます。)、ノウハウその他一切の技術的成果をいいます。


(ウイルス検出サービスの目的) 

インフルエンザウイルスの検出もしくは予防もしくは既存技術の改善に寄与するために丙が行う事業の発展に貢献し、また甲の健康チェックに貢献することを目的とします。


(役割分担)
甲:①モニター希望した場合は、費用を払い込み、丙から送付される検査キットを受け取り
   適切に保管すること
  ②必要な時に検査キットの説明に基づきサンプルを採取し、丙へ送付・提供すること
乙:①モニター希望の方を広く募集すること
  ②モニター希望の方の申し込みを受け付け、丙へ速やかに報告すること。
  ③丙による、モニター希望の方の申し込みや検査結果についての質問や問合せへの対応及びアフターケアに際し、質問や問い合わせを一次窓口として受け付け、これを丙に伝達すること、また、丙からの情報等を甲に伝達すること
丙:①乙の受け付けたモニター希望の方に検査キットを送付すること
  ②モニター希望の方から検査依頼(サンプル採取したものが丙へ到着したとき)があった
   場合は、速やかに検査し、甲へ結果を知らせること
  ③モニター希望の方の費用を代引きによって徴収すること
  ④モニター希望の方の申し込みや検査結果についての質問や問合せに対応し、また、モニター希望の方に対しアフターケアを行うこと

(資格)
甲がモニターとなるためには、乙が行う丙の事業説明等を理解し、遵守しなければなりません。



(費用)

1 甲は、丙に対して、検査に必要な下記費用を支払うものとします。支払方法はキットを受け取る際の代引きとします。ただし、6セット以上一度に購入する場合は、別途相談に応じます。その他、本サービスの実施にあたり生じる費用は、各当事者が自己の役割に従い負担するものとします。

セット価格(単位:円、税込み)
① お試しセット(1検体分)5,000円
② 1セット(3検体分)12,000円
③ 2セット(6検体分)22,700円
④ 3セット(9検体分)33,200円
⑤ 4セット(12検体分)43,900円
⑥ 5セット(15検体分)54,600円

2 甲の申込みに対して、丙が検査キットの発送手続をとった時点で、甲は前項の代金支払義務を負うものとし、以後申込みを取り消すことはできないものとします。また、甲が受領した検査キットを使用しなかった場合であっても、丙は甲に対し、代金を返還しないものとします。


(研究成果の取り扱い)

「研究成果」を論文等に発表する場合は、丙の発表とします。


(個人情報の取り扱い)
1 乙は、本規約及び本サービス遂行のため、甲から受領した個人情報を丙に提供することとし、甲はこれに同意するものとします。
2 甲は、丙が「研究成果」を論文等に発表する場合に、甲の個人情報を利用することに同意するものとします。ただし、丙は、個人情報の取扱には最善の注意を払うこととし、可能な限り、個人が特定できないような形で利用することとします。
3 乙ならびに丙は、本事業で取得した個人情報について、本事業以外での利用はしないものとします。又、個人情報の取り扱いは乙の定めるプライバシーポリシーに準拠するものとし、甲はこれに同意するものとします。
4 甲は、乙または丙が国の機関または地方公共団体等から要求された場合で、乙または丙が相当と認めるときには、甲の個人情報等を当該機関に開示することがあることに同意するものとします。

(免責)
1 乙は甲に対し、実サンプルの検査結果、質問や問合せへの対応、アフターケア及びこれらに関連する事項に関し、一切の責任を負わないこととします。また、丙が甲にアフターケアを行うに際し、情報を乙が甲に伝達する場合もありますが、この場合も、乙は甲に対し、伝達した情報に関し一切の責任を負わないこととします。
2 乙ならびに丙は、甲に対し、実サンプルによる検査結果に基づく甲の事後対応及びこれらに関連する事項に関し、一切の責任を負わないこととします。
3 乙は甲に対し、甲から受領した個人情報を丙に提供した後の、丙による取扱に関しては、一切の責任を負わないものとします。

(法令遵守)

甲、乙ならびに丙は、本プロジェクトに関連する諸法令を遵守するものとします。



(準拠法)
本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

(専属的合意管轄裁判所)

本規約に関し甲、乙または丙の間に紛争が生じた場合には、鹿児島地方裁判所を調停及び第一審の専属的合意管轄裁判所とします。



(協議事項)

本規約に定めのない事項および規約の解釈に疑義が生じた事項については甲、乙、丙は誠意をもって協議し、これを解決するものとします。

monitor.png